潰瘍性大腸炎に負けない強い腸を作る!本当にオススメの乳酸菌サプリメント3選!

乳酸菌はお腹にいいものだけど、潰瘍性大腸炎にも効果があるの?

乳酸菌には腸内環境を整える力があることはすでにご存知かと思いますが、潰瘍性大腸炎にも効果はあるのかどうかは、皆さんが気になるところではないでしょうか。

先に言ってしまうと、乳酸菌は潰瘍性大腸炎に一定の効果があることがわかっています。

近年は、潰瘍性大腸炎と腸内環境は深く影響しあっていることが指摘され始めており、理研などの公的機関では、腸内環境の改善が症状改善にも繋がるという発表がされています。

では、効果的に乳酸菌を摂取するには何から摂取すればいいのでしょうか。ヨーグルトや乳酸菌飲料を考える方もいらっしゃるでしょうが、この記事ではサプリメントをオススメします。なぜなら、サプリはヨーグルトや乳酸菌飲料よりも膨大な乳酸菌を摂取でき、また、数種類の乳酸菌を摂取することでより高い効果が期待できるからです。

今回は、潰瘍性大腸炎における乳酸菌の効果についてまとめてみたいと思います。



もくじ

乳酸菌の力で辛い下痢や腹痛の症状は改善できる

冒頭で述べた通り、乳酸菌の摂取によって潰瘍性大腸炎の症状は緩和できることが、これまでの研究によって確認されています。
まずは以下のグラフをご覧ください。

これは、森永乳業が潰瘍性大腸炎における乳酸菌の効果を調査した実験結果です。

この実験では、軽症〜中症程度の14名の潰瘍性大腸炎患者を対象とし、1日2000億〜3000億のビフィズス菌BB536を24週にわたって摂取してもらいました。

最終的には、14人中12名に症状の緩和が認められ、内10名は寛解という結果となりました。さらに、今回の実験では直腸炎型・左側大腸炎型・全体腸炎型のすべての類型において同じように症状の改善が確認されているのも注目すべきポイントです。

なぜ乳酸菌の力で潰瘍性大腸炎の症状を緩和できるのか?

しかしながら、潰瘍性大腸炎の症状改善になぜ乳酸菌が効果を効果を示すのでしょうか?その理由は大きく2つ挙げられます。

1.腸内環境が改善されるから

まず、潰瘍性大腸炎の症状が改善された理由として、乳酸菌の作用によって腸内環境(腸内フローラ)が整えられたことが挙げられます。

私たちの体には善玉菌や悪玉菌などの大腸菌が無数に住み着いており、その数は100兆個を超えると言われています。

そして、善玉菌と悪玉菌の比率は「善玉菌:悪玉菌=2:1」となるのが最も理想的なのですが、潰瘍性大腸炎患者の腸内は、健康な人の腸内よりも悪玉菌が優勢な状態となっている場合が多いと言われています。

この悪化した腸内環境を改善する力を持っているのが「乳酸菌」です。

乳酸菌は腸内で「乳酸」や「ビタミン群」を生産します。特に乳酸は腸内を酸性に保つ働きがあるのですが、実は悪玉菌は「酸性」の状態が苦手です。これによって、悪玉菌の増殖は抑えられ、腸内バランスが整っていくのです。

下痢や便秘の改善など、乳酸菌には優れた整腸作用があることはみなさんもご存知かと思いますが、それは乳酸菌が上記のような働きをしてくれるからです。

腸内環境が整うことで以下のような効果が期待できます。

  • 毎朝の血便が止まる
  • 下痢が改善される
  • トイレの回数が減る
  • 健康的な便になる
  • つらいガス溜まりが治まる(オナラがすっきり出る)
  • 腹痛が緩和される
  • 下痢と便秘の繰り返しが治まる

このように腸内環境を整えることで、潰瘍性大腸炎の症状の軽減が期待できます。

2.免疫機能が正常化するから

もうひとつの理由は、過剰になった免疫機能が正常化することです。

潰瘍性大腸炎患者は、免疫機能が過剰反応していることが多いです。実際に免疫抑制剤を処方されている方も多いかと思いますが、それは過剰化した免疫力を抑えるためです。

ところで、なぜ乳酸菌と免疫機能が関係するかというと、腸と免疫力は密接な関係があるからです。

実は人間の免疫機能のほとんどは腸に集中しています。一般的には免疫機能の約70%は腸に集まっているとも言われており、腸内環境の悪化は免疫機能の過剰反応を引き起こすことが近年の研究によってわかってきました。

現在は、この腸内環境の悪化による「免疫過剰状態」が潰瘍性大腸炎やクローン病を引き起こす原因なのではないかとも考えられています。

免疫力の正常化によって炎症がおさまる

そして、近年の国内外の研究によって腸内環境の改善は免疫機能の正常化、つまり、潰瘍性大腸炎の症状緩和につながることもわかってきました。

免疫細胞の中に「制御性T細胞」というものがあります。この細胞は炎症を抑制する効果を持つことがわかっています。

この制御性T細胞は、悪化した腸内では働きが悪くなりますが、健康な腸内では活発に働き、さらに細胞数も増加することが最近の研究によって明らかにされました。

実際にマウスを使った実験では、制御性T細胞を増やしたグループのマウスは、腸の炎症がしっかりと抑制されたとのデータがとられています(参考:理化学研究所

このように、制御性T細胞の働きを高めることによって、潰瘍性大腸炎の炎症を抑えることが可能となります。

理研の発表を噛み砕いてわかりやすくしたのが以下の通りです。

腸内環境の改善で炎症が抑制されるメカニズム
  1. 乳酸菌による腸内環境の正常化
  2. 腸内環境が正常化し、制御性T細胞が増える
  3. 制御性T細胞によって潰瘍性大腸炎の炎症が治まる

このように、善玉菌を摂取して腸内フローラを改善することが潰瘍性大腸炎の症状緩和に繋がることは多くの実験で証明されており、服薬以外の治療法として大きな注目が集まっています。そして、この結果は、潰瘍性大腸炎・クローン病など、炎症性腸疾患の新たな治療法の可能性として大きな注目を集めることとなりました。

乳酸菌は体質改善をサポートしてくれる

乳酸菌を摂取するメリットとしては、これまでの体質の改善をサポートしてくれることも大きな魅力です。

先述したように、最近の研究では、潰瘍性大腸炎と腸内細菌は影響し合っていると考えられています。(参考:炎症性腸疾患とプロバイオティクス:慈恵医大付属柏病院・大草敏史氏)

実際に、潰瘍性大腸炎患者の腸内環境は悪化しているケースが多く、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が少ない傾向にあることもわかってきています。

腸内環境の乱れは、生活習慣によって生まれる部分が大きいと言われています。食生活の欧米化などが代表的な原因のひとつです。また、ストレスによっても左右されやすいとも言われています。こうした部分が原因となっているわけですので、生活習慣を改め、体質を改善していくことが重要となります。乳酸菌の摂取はそうした体質改善の方法のひとつです。時間はかかるかもしれませんが、コツコツと摂取を続けていくことによって腸内環境は今までより良い状態に改善していくことが重要です。

薬では体質は改善はされない

潰瘍性大腸炎で薬を使う目的は、あくまでも「今ある症状を緩和する」ことにあります。極端に言えば、「薬を飲んだから治る」というものではありません。潰瘍性大腸炎の原因はまだはっきりとは解明されていないですから、そうした薬がないことは仕方のないことです。しかし、腸内環境が影響を与えていることはこれまでの研究でもわかってきており、実際に腸内環境を整えることで寛解になった患者は大勢いらっしゃいます。

薬による治療は間違いなく必要です。しかし、薬だけに頼るのではなく、生活習慣の改善なども取り入れながら、潰瘍性大腸炎の治療をより有効なものにしていくことが重要です。

腸内フローラを改善するなら発症から早いほど効果は高い

腸内フローラの改善は、発症から早ければ早いほど効果があるというデータがとられています。

カナダのマクマスター大学が行なった糞便移植での結果では、発症年数が浅いグループほど寛解しており、発症1年以内の患者は4人中3人が寛解したという結果が報告されています。

乳酸菌の摂取も腸内フローラの改善を目的としていますから、糞便移植と目的は一緒です。つまり、乳酸菌の摂取もなるべく早めに取り掛かったほうがより高い効果を望めるということです。

なので、これから乳酸菌の摂取を考えている人はできるだけ早めに取り掛かるようにしてください。そのほうがメリットも大きく、寛解の時期も早まる可能性が高いです。

ヨーグルトでの摂取をオススメしない2つの理由

では、ヨーグルトなど乳酸菌を多く含む食品の摂取では効果は望めないのでしょうか?

結論からいえば、潰瘍性大腸炎の症状の改善を目的とした場合には、ヨーグルトからの摂取はあまりオススメできません。その理由は大きく2つあります。

1.症状の改善には大量の乳酸菌が必要となるから

冒頭の実験をもう一度見てもらうとわかるかと思いますが、この実験で患者が摂取した乳酸菌数は1日2000〜3000億個です。このように、症状の改善を期待するには大量の乳酸菌を摂取する必要があります。最低でも1日に1000億個以上の乳酸菌の摂取が必要と思っていただいて構いません。

なぜそんなに大量の乳酸菌が必要となるのか。それは腸内環境に影響を与えるためです。

先述しましたが、私たちの腸内には100兆個以上の細菌が住んでいると言われています。こうした大量に住んでいる腸内細菌のバランスを整えようと考えると、当然たくさんの乳酸菌が必要となるのです。

ちなみに、ヨーグルの乳酸菌数は100g中に100億個です。つまり、ヨーグルトで十分な乳酸菌を摂取しようと思ったら、1日に2kg以上の乳酸菌の摂取が必要となります。これでは、摂取の継続はとても現実的ではありません。

実は、ラッグビーではなかなか症状改善につながらない理由もここにあります。ラッグビー1袋は3gとなっているのが通常ですが、そこに含まれている乳酸菌数は4.5億。症状の改善に必要な乳酸菌数は含まれていないのです。

2.乳酸菌は熱や酸に弱く生きて腸まで届かないから

実は、多くの乳酸菌は胃酸で死んでしまうため、腸まで届いていません。
乳酸菌は酸や熱に弱く、体温でも死んでしまうほどです。そのため、食品にそのまま含まれている乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまう場合が多いです。
いくら数をとったとしても、生きて腸まで届く乳酸菌はとても少ないということを覚えてください。

最近では、乳酸菌は必ずしも生きて腸まで届ける必要はないという考えもありますが、生きて腸まで届けることによって、腸内での定着が期待できます。死んだ乳酸菌ばかりではなく、ある程度の生きた乳酸期を摂取することは重要です。

乳酸菌はサプリメントで摂取してください

薬やヨーグルトでは乳酸菌数が足りなく、さらに乳酸菌が死んでしまう場合がある。では、どのような方法で乳酸菌を摂取するのがいいのでしょうか。
そこでオススメするのがサプリメントです。サプリは膨大な乳酸菌数を含有しており、腸まで生きて届ける工夫がされています

ここで潰瘍性大腸炎の症状改善の条件をおさらいしますが、

乳酸菌の摂取で必要な条件

  • 1日1000億個以上の乳酸菌の摂取
  • 生きて腸まで届けること

がポイントでしたが、これらの条件はサプリならばクリア可能です。

さらに、サプリによっては数種類の乳酸菌を摂取できるのも大きなポイントです。実は、どの乳酸菌が合うかは一人一人違います。よって、ひとつの乳酸菌を摂取するだけでは、必ずしも効果を得られない場合もあります。しかし、数種類の乳酸菌を摂取することによって、自分と相性の良い乳酸菌と出会える可能性もアップします。

以上の2点がサプリメントをオススメする大きな理由となります。

「潰瘍性大腸炎の寛解」という観点で考える正しいサプリの選び方

上記にてサプリメントをオススメする大きな理由を述べました。ただし、どのサプリでもいいというわけではありません。世の中にある乳酸菌サプリは潰瘍性大腸炎のためだけに作られたわけではないので、必ず抑えなければいけないポイントがあります。それが以下の2つです。

サプリ選びのチェックポイント
  1. 1日1000億個以上を摂取できるだけの乳酸菌数が含まれているか
  2. 生きて腸まで届く工夫が施されているか
以上の2点は必ずチェックしてください。逆に言えば、この2点をクリアしているようなら潰瘍性大腸炎患者にとって強い味方となるサプリとなります。

また、乳酸菌は数種類を同時に摂取することで相乗効果が生まれるので、よりパワフルな効果を期待できるようになります。なぜなら、乳酸菌は種類によって効果が少しずつ異なるからです。多くの種類の乳酸菌を取れば、お互いが効果を補完しあって、より大きな効果を生み出します。

また、自分と相性のいい乳酸菌は一人一人異なります。ですから、なるべく乳酸菌の種類の多いものを選ぶほうが、自分の相性と良い乳酸菌と出会える確率も結果的にアップします。

潰瘍性大腸炎のためだけに選んだオススメ乳酸菌サプリ3選!

乳酸菌サプリを自分で探すといっても、市場に溢れる数多くのサプリの中から潰瘍性大腸炎に効果があるサプリを探すのはとても大変です。おそらく自分で探しても乳酸菌数が足りないものがほとんどではないでしょうか。
そうした方のために、初めてのサプリ選びでも失敗しないよう、本当にオススメできる乳酸菌サプリを3つご紹介します。

乳酸菌革命
ビフィリゴ1000
久光製薬 乳酸菌EC-12

乳酸菌の効果を最大限にする摂取方法とは?

乳酸菌は摂取の方法に気をつけるだけでその効果を最大限に高めることができます。その方法は以下の通りです。

乳酸菌のエサとなるオリゴ糖・水溶性食物繊維と一緒に摂る

乳酸菌にもエサが必要です。乳酸菌の好物であるオリゴ糖や食物繊維を一緒に摂取することによって乳酸菌の効果を最大限に高めることができます。

実は乳酸菌を摂取する理由は、乳酸菌がこれらのエサを消化・分解するときに発生する乳酸菌生産物質が腸にいい影響をもたらすことも理由としてあげられます。

理研の実験でも乳酸菌生産物質が免疫不全の解消に有効な効果を示すことがわかってきています。

ですので、オリゴ糖や水溶性食物繊維を含む食材もできるだけ摂取して、乳酸菌の効果を高めるようにしましょう。

オリゴ糖を多く物 バナナ・はちみつ・豆乳・きな粉・大豆・豆腐・アスパラガス・ごぼう・たまねぎ・にんにく・味噌・甘酒
水溶性食物繊維を多く含むもの りんご・桃・いちご・洋梨・さくらんぼ・柿・アボカド・納豆・おくら・ひじき・わかめ・もずく・昆布

ちなみに、これらのような乳酸菌のエサとなる栄養素のことをプレバイオティクスと言います。プレバイオティクスについては、こちらの記事で詳しくまとめていますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

【潰瘍性大腸炎】善玉菌の働きを最大限に高めるプレバイオディクスとは?

2017.11.22

乳酸菌摂取のベストなタイミングは夜

乳酸菌は夜に摂取することでその効果を最も高めることができます。

乳酸菌が最も腸内で活発になるのが就寝中、特に夜10時〜2時の間です。この時間は乳酸菌働きがピークを迎えるためゴールデンタイムと呼ばれています。

また、食後は胃酸が弱まるため、夕食後に摂取すると最も高い効果を期待できます。

みなさんが服用しているラッグビーも食後の服用ですが、その理由は胃酸が弱まっているからです。

もちろん、朝や昼にとっても効果がなくなる事はありません。どのタイミングでとっても高い効果は発揮できます。しかし、可能であれば夜に摂取したほうが効果は高まるので、乳酸菌のサプリは最も効果が高くなる夕食後に摂取するようにしてください。

ぬるま湯で飲むのがベスト

サプリを飲むときは水・ぬるま湯どちらでも構いませんが、ぬるま湯のほうがいいです。少し温まったぐらいが乳酸菌は働きやすくなります。水でも構いませんが、冷たすぎると腸への刺激になるので、症状を悪化させないように注意しましょう。

熱湯は菌が死ぬのでNG

水・ぬるま湯どちらでも構わないと上記しましたが、熱湯だけはNGです。

乳酸菌は熱に弱いことは上にも書きましたが、熱湯だと乳酸菌は死んでしまいます。必ず水かぬるま湯で摂取するようにしてください。

食物繊維で腸内をキレイにしておくと体質改善効果が高まる

乳酸菌のパワーは食物繊維の摂取と合わせることでより高い効果を望むことができます。

なぜなら、食物繊維には腸内環境をキレイにする効果があるからです。

食物繊維は腐敗物や悪玉菌を絡めとって腸内をキレイにしてくれる

食物繊維は消化されにくいため、腸内でも形をとどめておくことができます。そのため、悪玉菌や腐敗物を絡め取って体外に排出してくれる力を持っています。

わかりやすくいえば、腸内の汚れを拭き取ってキレイにしてくれる力があるということです。

乳酸菌自体にも悪玉菌をやっつけ体外に排出する力を持っていますが、食物繊維と合わせて摂取することによって、腸内はよりキレイな状態を保つことができます。

そもそも乳酸菌の摂取は腸内細菌のバランスを整えるだけでなく、腸内をキレイにすることも目的でしたので、食物繊維と一緒に摂取することによって、より腸内をキレイにすることができるということです。

食物繊維を摂取することは安全なのか?

食物繊維の摂取といって、不安になる方もいるかと思います。なぜなら、潰瘍性大腸炎の食事指導では食物繊維の摂取は推奨されていないからです。

しかし、実際に潰瘍性大腸炎患者の中で食物繊維の摂取が症状悪化のトリガーとなっているケースは少ないことがわかりました。

これは実際に潰瘍性大腸炎患者49名にとった「食物繊維と症状悪化に関するアンケート」です。

食物繊維の摂取が合わないと感じている患者は全体の10%にとどまる結果となりました。ただし、この10%の方たちの意見も無視できません。潰瘍性大腸炎では、合わない食材に大きな個人差があります。自分に合わないと思ったらそれは摂取しないほうがいいでしょう。

もし食物繊維の摂取が不安な方は青汁・手作りの野菜ジュースなどで摂取する方法をオススメします。この摂取方法であれば、食物繊維が細かくなっているため、腸への負担もグッと減らせます。

また、先ほど紹介した水溶性食物繊維にも腸内の汚れを落とす力がありますので、水溶性食物繊維を積極的に摂取するのもひとつの手段です。

潰瘍性大腸炎と食物繊維の関係性については次の記事に詳しくまとめてありますので、よろしければこちらをご覧ください。

潰瘍性大腸炎にオススメの青汁3選!食物繊維の力でキレイな腸を手に入れる

2017.11.26

乳酸菌は死んでも効果がなくなるわけではない

乳酸菌は生きて腸まで届けることが最も効果的ではありますが、死んだしまったからといってその効果が失われるわけではありません。

近年の研究によって乳酸菌の効果を得るには、必ずしも菌が生きている必要はないということがわかりました。

ちなみに、死んだ菌のことを「死菌」と言いますが、死菌には次のような3つの効果が残ります。

1.生きていいる乳酸菌のエサとなる

まず、死菌は腸内で生きている乳酸菌をはじめとする善玉菌のエサとなります。その効果によって、腸内の善玉菌がより活性化し、パワフルに働いてくれることを期待できます。

2.悪玉菌や腐敗物を絡め取って腸内をキレイにする

死菌は腸内の腐敗物や悪玉菌を絡め取って体外に排出する力を持っています。簡単にいうと、腸内の汚れをキレイに拭き取ってくれるようなイメージです。

この効果は先述した食物繊維の効果と非常に似ています。

3.菌体が腸管を刺激し免疫力を正常にする

私たちの免疫機能の約70%は腸内に集中していることは先ほど述べました。実は死菌も腸内の免疫細胞をうまく刺激することができます。そして、死菌によって腸内の免疫細胞が刺激されることで、過剰だった免疫機能が正常化することもわかっています。

腸内フローラの改善には継続が何よりも大切

サプリの摂取において必ず守ってほしいことがあります。それは、継続することです。

腸内フローラの改善には長期間を要します。1週間摂取すれば効果が現れる人もいるかと思いますが、まだまだ根本的に腸内フローラの改善には至っていません。
ここで摂取をやめてしまうと、また腸内環境が悪かった時期に逆戻りし、効果がリセットされかねません。

潰瘍性大腸炎の改善のためには、薬による対処療法ではなく、体質を根本から変えていくことが何より重要です。
根気強い戦いにはなりますが、乳酸菌の摂取は最低でも2週間、できれば3ヶ月以上は継続するようにしてください。

格安でサプリを入手するなら定期購入にする

継続したいけど、お金が心配という人も中にはいるかと思います。
そのような時は定期購入を賢く利用してください。

ほとんどのサプリの公式サイトには、定期購入で安く購入できるプランを設けています。初回の購入料金が半額以下になるところも珍しくありません。

また、継続中の料金も20〜30%オフになることも多く、定期購入したほうが断然お得です。

乳酸菌を大量摂取することで症状が悪化する心配はない

乳酸菌を膨大に摂取することで症状が悪化するのではと心配になる人もいるかもしれませんが、乳酸菌の膨大摂取による症状悪化はまずありません。

害があるのであれば、そもそも高濃度乳酸菌の治療自体に疑問符がつくことになりますし、摂取しすぎたとしても体から排出されるだけですので心配はいらないです。

ただし、どうしても心配だという人ははじめに摂取するサプリの量を、容量の半分から始めてみることをオススメします。

まとめ

本記事の内容を改めてまとめてみます。

  1. つらい下痢・血便・腹痛などの症状は乳酸菌の摂取で改善することができる
  2. 乳酸菌の摂取で潰瘍性大腸炎の症状が改善されることは実際の実験でデータがとられている
  3. 乳酸菌の摂取は発症から早ければ早いほど効果は高い
  4. 乳酸菌を摂取することは体質を根本から改善することである
  5. 上記は薬ではできない。
  6. 潰瘍性大腸炎の改善のためには、膨大な乳酸菌が必要となる
  7. ヨーグルトの摂取では乳酸菌が足りない
  8. 乳酸菌を摂取するならサプリメントで摂取する
  9. 乳酸菌の効果を最大限に高める摂取方法がある
  10. 乳酸菌の摂取の安全性は確保されている

薬は対処療法でしかありません。つまり、今ある症状をどう抑えるかを重点に考えられており、根治を目的とするものではありません。

しかし、乳酸菌を摂取することで腸内フローラを改善し、体質を根本的に改善していけば、今までなかった効果を期待することも可能です。実際に、高濃度の乳酸菌の摂取で症状から解放されている人は増えてきています。筆者もその一人です。そして、原因究明には至っていないものの、腸内細菌の働きが大きな鍵を握っているというところまでは最近の研究でわかってきました。

つらい下痢・腹痛、これらから解放される可能性が乳酸菌にはあります。

ただし、何度も言いますが何よりも大事なのは継続です。乳酸菌の摂取で体調を悪くすることはありませんので、症状が改善されたらラッキーぐらいの気持ちで根気強く取り組むのもいいかもしれません。理想は三ヶ月ですが、最低2週間続ければ何かしらの変化が必ずあるはずです。

その時はこのブログに効果があったと書き込んでもらえると嬉しいです。

そういう情報がUC患者の間でも広まっていき、新たな治療の方法として情報共有できる時代がくることを願います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です